カント―カップ考察!

こんばんは。
ぽわです。
images.jpgぽわぁぁぁぁ
今回は2月23日~25日にwifiで行われたカント―カップについての記事です。
僕はシンオウ地方のポケモンだから出られなかったんですけど
にゃべが参加してきたということでそのレポートをしますょ。

詳しい成績とかあの人が使ったPTとかは
にゃべさんのブログに色々書いてあるみたいだから見てあげてほしぃな★(宣伝)

一応今回は無難にKP集計からいきますょ!
今回110戦分のデータが集まったみたぃだね
1位(KP65)カイリュー
2位(KP46)ゲンガー
3位(KP44)パルシェン
4位(KP42)ヤドラン
5位(KP38)サンダース
6位(KP36)カイリキー
7位(KP28)カビゴン
8位(KP22)ゴローニャ
9位(KP20)レアコイル
10位(KP19)キュウコン
11位(KP18)ウインディ
12位(KP17)スターミー
13位(KP16)プテラ
14位(KP15)フーディン
15位(KP14)フシギバナ

上位のカイリューとパルシェンは予定通りというかなんというか
意外だったのはゲンガーとサンダースが多かったことカナ??
ゲンガーは唯一のゴーストタイプ、所謂唯一王なんですょ。136.png・・・・・
多くのポケモンを上から叩けて、そのSの速さから道連れで最悪1対1に持ってったり
あとはやっかいな補助技持ち達を挑発で縛ることが主な仕事だと思います。

サンダースは今大会最速のポケモンでプテラに並ぶ130族ですネ!
僕の3倍近くあるそのS種族値を生かして電磁波撒きサポートとか、ボルチェンでのサイクル作りとか
柔軟な動きが出来るから、全国環境における洗濯機みたいな感覚で使ってる人が多かった気がします。

その他はなんというか思った通りのメンツが揃ってましたゎ。
意外なことと言ったら元祖ピンクの悪魔がKP15位以内にいないことかな。
実は彼女は惜しくもKP17だったんだケド、さすがにここまで物理優勢の環境だと
使いにくいと踏んで入れなかった人が多かったのかもしれない。
分かんないですヨ?あくまでにゃべの取ったKPなので他の方だとKP1位とかあるかも!?

とまぁこんな感じかな。
もし環境について詳しく知りたい方は続きからの方の記事を読んでみてね。
にゃべが参加するにあたってPT構築のために環境考察した記事を流用したよ。
彼のPTが特殊な型であるがゆえに、実際の環境がどうであったかはわかりかねるけど
一側面としてみる分にはいいかもしれないね!
カント―カップ参加された皆さんお疲れ様でした!!!
そしてSFCに入学されたみんな、合格おめでとう!
フジポケは、みんなまったりしていて、時々なにかんがえてるか分からない人も多いけど
代表であり実はプラズマ団である高崎や、裏帝!女帝!りてぃ!@副代表のもとで
これからもますます発展していくと思うから、興味があったら入ってね!
ぽわやビッパみたいなゆかいな仲間たちも皆と会えるの楽しみにしているょ★
それじゃまたね!

※続きからの記事にはある程度知識が必要とされることが書いてあるので
分からないところがあったらtwitterでぽわに問い合わせてね★
にゃべのブログから引用してきたよ!

今回の環境についてまず簡単にまとめて、以下個別解説します。
~~~~~カントーカップ七不思議~~~~~
・ステロガン刺さり環境
・激減するであろうトリパ
・速効型ポケモンの多さ
・電磁波無効ポケモンの少なさ
・全国に比べ全体的に低い火力
・薄くなる状態異常対策
・構築の狭さ

まず最初のステロが刺さる環境について。
今回の環境では、マルスケデブ、襷パルシェン、頑丈ゴローニャ、他襷必須の速効型など
襷や特性に依存して強力な立ち回りをするポケモンが多目です。
裏を返せば、ステロダメが入ることで劇的にそれらのポケモンの能力が落ちます。
2強とされたマルスケデブやパルシェン辺りもステロさえ入れば
S自体はそこまで高くないのでテキトーな奴で上から殴れば怖くないですね。

2番目のトリパの少なさについて。
今回の環境、純粋に最終進化でトリルを覚えるポケモンは
フーディン、ヤドラン、ゲンガー、スリーパー、ナッシー、スターミー、バリヤード、ルージュラ、ポリゴン
の9種類です。
見ればわかるとおり、自身がトリルの恩恵を受ける=Sが遅いのは
ヤドラン、スリーパー、ナッシー、ポリゴン
であり、ナッシーは晴れ軸で使った方が活躍できる環境でしたので
実際に使われるのは前の2匹くらいでしょう。
また、トリルエースで脅威となるのも
ガラガラ、ゴローニャ、カビゴン、サイドン、カイリキー
辺りであり、こいつらは
・水の通りが良い環境であること
・それなりに警戒されるレベルのポケモン
であることから運用が全国以上に難しくなります。

また、これは3番目の速効型のポケモンが多いこととリンクしています。
今大会Sの平均が全国以上に高くなっています。
速くて、高火力であるポケモンが多く採用されることが予想されるため
一見トリル軸が刺さるように見えますが
トリル軸で動けるポケモンの少なさも相まってトリルを貼ったとしても
速効型のポケモンの多くを受けられるポケモンの絶対数が少ないのです。
トリルを貼れたとしても、火力は足りず、返しの攻撃を受けられない
つまり、トリルの恩恵がそこまで大きくないのです。
それでも使うなら受けに特化したPTでスイッチにするくらいで良いですが
それなら電磁波をまいた方が得られるものが大きいです。

そして4番目は電磁波無効ポケモンの少なさ。
バンギラスの嫁達やマンモス等の電磁波無効要員がいません。
電磁波撒きの多さとは反対に電磁波を無効にできるポケモン達は一癖あるものが多く
また全国のように電磁波を無効に出てきたからといって、返しでどうにかなるポケモンはほぼいません。
電気の通りが異常なまでに良いことは151匹見ればわかります。

5番目の火力の低さ。
マルスケデブや殻を破ったパルシェン、あやめや腹太鼓連中等の火力は警戒するレベルですが
その他の連中の火力はたかが知れてます。
晴れ軸でもキュウコンや晴れエース
高速型の連中もゲンガーのシャドボやスターミーの火力UPなしの技等は
普段の全国のレベルに比べると低いです。
これが実は穴であり、速効型の多さやカイパル始めメジャーどころの火力の高さに目が行きがちですが
実際全国の猛者たちを受けることができるラキヤドと五分かと言われると否です。
鉢巻ムーミンの逆鱗も、殻破パルの氷柱針も、Bに振ってあれば実はラッキーは受けられます。
ウインディのワイルドボルト、カイリキーの雷パンチ程度じゃヤドランは落ちません。
特殊で落とそうにも、Hに振ってさえあればキュウコンのソラビもゲンガーのシャドボでも落ちません。
相対的な受けポケの少なさから火力インフレの環境に見えますが
実際そうでもないのです。

6つ目の状態異常対策の薄さについて。
いつものキノコやおっさんがいません。
キノコはいますけどお察しレベルです。
その他明らかに状態異常を撒きに来ると分かる連中も少ないです。
それよか、カイパルの攻撃力等に目が行きがちです。
前述の受けの少なさやメタるべきものの負担から
メジャーどころを止めるための措置+自分のPTの軸
を考えたとき必然的にPTの状態異常対策は薄くなります。
鬼火をもらうと困る連中がラムを持ってたり、そもそもねむカゴ型だったり、といった程度です。
実際に気づいてるかは知りませんが参加者の認識としての危険度が
カイパル等による全抜き>状態異常による崩壊
という風になっているためです。

最後の構築の狭さについて。
もうこれは分かり切っていたことですが
全体的にメジャーどころ(龍、氷、超、水等)の技の通りが良く、速効高火力型が多いため
起点作り→積む→高火力技で全抜き
というコンセプトが強くなります。
また、細かい役割をこなせるポケモンの絶対数の少なさから
普段のような対面構築的考えや、サイクル構築の考えが薄くなります。
つまり、融通が利いて、柔軟な動きが出来る構築が少なくなります。
実際、ある程度の全抜きをベースにした構築か
強そうなのを集めた所謂グッドスタッフ構築
が殆どだった気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sfc.pokemon

Author:sfc.pokemon
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにあるポケモンサークル。
投稿してるのはラボメン。
主に活動予定・活動履歴を投稿します。
連絡先はこちらのメールアドレスよりどうぞ。
sfcpokemonlab★gmail.com
(お手数ですが★を"@"に変えてください)


当サークルはポケモン好きが集まる公認団体です。
営利を目的とした活動や、株式会社ポケモン及び株式会社ゲームフリークの利益を侵害する意図は一切ありません。
株式会社ポケモン、株式会社ゲームフリーク、その他著作権保有者、保有団体から当サークルに運営活動に何らかの指示があった場合、それに従います。



ラボHP
Twitterアカウント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フジポケ公式Twitter